備忘録

建前一切なしで思ったことそのまま書く

No.2 幸せの定義

2017.06.17 朝

ゆずの「幸せの定義」という歌を急に聞きたくなって聞いてた。

 

この曲を聴きたくなったのは、幸せの定義ってなんなのか気になったからで、

それがなぜ急に気になったかというと、昨日を振り返ってみて、自分が幸せだったのかよくわからなくなったからだ。

昨日、大学で僕は誰とも話さなかった。そのあと、バイトだったのだが、今までで一番忙しく、ずっと不機嫌だった。

でも、授業中に友達とLINEしたり、バイト帰りに交通量の少ない道を、音楽を大音量でかけて熱唱しながら運転したのは楽しくて別に自分が不幸だとは思ってないし、なにか変えたいとも思ってない。

自分のこの程度の生活で幸せだと思っていると聞いて驚く人もいるのかな、と思って幸せの定義ってなんだ?と思った。

 

気になって仕方なかったので、広辞苑で調べた。

しあわせ[幸せ] 幸福。

こうふく[幸福] 満ち足りた状態にあって、しあわせだと感じること。

よくわからなかった。

まあ、満ち足りてるってことなのだろう。

 

人によって何で心が満ち足りるかというのは人それぞれ違うから自分が今の生活で満ち足りてるならそれでいいのだろう。幸せの定義に正解とか無いようなので僕は今まで通り生きることにした。